Elvis Costello at Ex Theater

久々にCostelloを観に行った。
何年ぶりだろう??? 記憶が正しければ最後に観たのは新宿厚生年金会館2004年12月?

“The Spinning Wheel Songbook”という企画のは初めて。
過去に何度かやってるやつだが、日本でやるのは珍しいのかな。

画像

会場が六本木の真新しいEx Theater。
席とスタンディングのフロアがある割とデカ目。
もちろん、フロアのスタンディング。
フロアは地下3階…こういう会場に下って行きながら常に思うのは
「火事になったらアウトだな…」

19:30過ぎに始まり、終わったのが22:30。
約3時間。
かなりの曲数だ。
30曲以上40曲未満。

スタンディングきといて「年だからたってるのがキツイ、ハハハ」とか言うのは、
最低にカッコ悪いぜ、おっちゃんたち。画像

楽しかったです。
1曲目が「I Hope You’re Happy Now」だったのが特に。
今回は他の日のセット見ても、必ずこの曲で始まっているな。
Spinning Wheelに書いてある曲の中で、「Monkey To Man」と「Deep Dark Truthful Mirror」を聴きたかった。

長いアンコールの中で「Alison」が来たから、先月のNick Loweと同じくお前もAlisonで終わるか?
と思ったりもしたが、そのあとも続く続く…。
Wowow生中継だったらしいが、最後までちゃんと入ったかな?

久々に観てみて、思い出したこと。
この人、昔の自分の曲を客の期待通りにやって、
自分がしっかりそれを楽しんでるなー、ということ。
新しいアルバムの曲も、合間にちょこちょこやってたが、
客が盛り上がるのはやっぱり昔の曲。
あんだけたくさん人が期待する曲があるのに、その期待を裏切らずにちゃんとやる。
素晴らしい。

画像

このSpinning Wheelの逆サイドで映えたのが、ダンサーのDixieが踊るスペース。

画像

キラキラ光るカーテンの中で、foxyなダンスが…ただし、フロアの前の方にいると、
1つの視界の中にこのスペースが入りにくく…残念。

これで今年のコンサートは終了。
1月にLondonでPeter Hookから始まり、多分15〜20回だったか。
イギリスもの(というかイギリスで)に始まり、イギリスもので終了。

ここんとこ2ヵ月ちょいで10回のコンサートがあったが、
来月以降ぱったり観に行くのが決まっていない…。
適当にピックアップせねばー。

プロのエンターテイメントは面白い!
ダイレクトに感じられる何かが、自分の生活への何かに変換され、
豊かな気分で生きて行くことができるのです(笑:多分)。

It’s just another day.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中