月別アーカイブ: 2014年1月

しらかば2in1

20140129-230725.jpg

土曜、しらかば2in1へ今シーズン初滑り。
次はいついけるか…せっかくスタッドレス&冬ワイパーにしてるし、あと一回は行きたいんだが…。

20140129-230738.jpg

地元ダチ+ダチの同僚(中国の好青年)というメンツ。
皆、住処が近く、収集が楽でしたー。
帰りの高速は運転も代わってもらったので楽チンだー。

シーズン一回目はだいたいなんか感覚つかめなずモヤモヤしたまま終わり、「早くまた行かねば」と思うのだが、今回は去年の最後とほとんどおんなじ感覚で滑れたので満足。
まぁ、なんだかんだでもう五シーズン目だし、いいかげん慣れてきてるのかな。

例によって峠を登るのに苦労しましたが、ゲレンデ空いてて、行き帰りノー渋滞という快適な一日だった。
やはり中央道だな。
長野方面快晴率高いし、斜面のコンディションもよかったし。

あれやこれやの困難ありますが、なんとかもう一回はいきたし。
しかし、この一回で今シーズンは満足してしまった気もする…。

It’s just another day.

サブウェイ(レイキャヴィーク→新木場)

今日はどうしてもサブウェイで食べたくなった。
なぜだ、なぜ普段まったく思いもしないサブウェイにこだわりが。
出先の新御茶ノ水で食べよう! と思ったら意外とこんでいた…
しかし新木場まで来て、途中下車してまでサブウェイで。

店に入って注文しようとしたときに、理由がスッと浮かんできた。
1年前のこの週末は、ロンドン経由でレイキャヴィークへ行った。

画像

深夜に到着後、そうだ、翌日の昼をレイキャヴィークのサブウェイで食べた。
今回はそれ以来のサブウェイじゃないか。
そうか、だからか。
レイキャヴィークから1年かけてサブウェイに呼び出された(笑)。

あのとき何を頼んだか思い出せないが、もちろんメニューは国にって違うでしょ。
肝心なのは、この偶然、というか、どこか無意識に1年前のレイキャヴィークの感覚を求めていたこと。

当面難しいが、また行きたい!
今年はNorthern Lights(オーロラ)が去年より当たりっぽい
つい数日前、Icelandairのツイッターでも「今日のオーロラ予報はレベル5! みなさんお楽しみください」
ってなことが書かれていたっけ。
その分、Northern Lightsのツアー参加者も多いようで、ある晩は1800人とか!

あとこの夏の宿泊もだいぶ入ってきた模様。
夏は観光シーズンだから、この前行ったときとは全然違うこみぐあいだろうなー。
でも夏の各景色の写真を見ると、行ったところの色がまったく違うので、夏も見てみたい。
↓ これの白が、ほんとに明るい緑になるらしいので。

画像

いや、これはこれですげー好きな感じだった。
オレ的には、まずはこっちから、というほんとに頭にピンと来た景色だった。
雪景色とも違うこの白さ(ガチで寒かったが、翌週に南ロンドンのスタジアムでは、ここより寒かった…)

旅の楽しいところの1つは、あとあと何度も何度も噛み締められることと思う。
去年のこの週末からはじまった10日ちょっとの旅は、まだまだ噛み締め甲斐がある!

最近、1年たつのが早い…とショックを受けるのにも慣れてきてしまったが、
時の経つのは早い分、記憶や感覚は時の速さよりずっと長持ちするから、いつまでもおいしいのだ。

次行くときは…
・氷河の上の歩くツアーに参加
・Northern Lights鑑賞ツアーに参加

その先では…
・プレートの境目がある水辺でダイビング

そのときのために、ダイビングを始めたいとか思う。
だから、この夏からはプールに通って泳ぎを…とか思っているのです。

It’s just another day.

連続17回目、ならず

98年元旦より、毎年続いていた天皇杯決勝観戦。

2013年、16回目で柏レが優勝。

そして2014年元旦、改修前最後の元旦決勝で17回連続、となるはずだったが、ならず。

来年は元旦でなく、しかもしばらく日産で…という節目だったこともあり、
今回はJFAのチケット部門から、ちゃんとデザインされたチケットを購入していた。

140101

前実の大晦日、朝からどうも呼吸がおかしかった父上が、日付が変わってから苦しげに。
車でかかりつけの病院へ運び、そのまま救急救命センターで入院となった。
肺炎。
まぁ、これじゃ無理だなわ、と明け方あっさり諦めがつき、当日同行する予定だった友だちに託した。

柏レの試合だったら、なんとか行っていた、と言っておきたいが、
あとから医者の説明を聞く限り、急変する可能性が十分ある状況のようなので、
どっちにしても行けなかったのかもしれない。

日中の見舞いで、途中に処置で席を外さなければならない時間があったので、
その際に控え室のテレビで30分くらい観戦したが、なんだか奇妙でした。
元旦の決勝は、16年連続会場で観ていたから、なんかテレビで観てるのが不思議。

このような1年の始まり方だから、
今年はこれまでから生活の仕方が変わるのかもしれない、という気もする。
もともと少し変えていこう、という気持ちはあったので、これがきっかけになるのかも?

それにしても、病院に行くと、そこで働いている人たちに感心します。
今は病院も本来はお休みのところを当直の方々で回しているからか、
出ているのも若い人がほとんどだが、彼らの親切さやプロフェッショナルさに頭が上がりません。
彼らの仕事ぶりを見ていると、自分も仕事への取り組む姿勢を考えなおさねば、とか思います。

It’s just another day.